切開しなくても大丈夫!ボトックス注射で簡単に整形

怖いのが筋肉の麻痺

医者と看護師

ボトックス注射をした後に起こる副作用

ボトックス注射は切開手術と比べると体への負担が少ないですが、顔や体に注入した後に副作用が起こる事はないのか気になる方は多いでしょう。美容目的で使用されるボトックスは、毒性がないので安全に治療する事ができますが、患者の体質や使用方法によっては副作用が出る事は稀にあります。ボトックス注射をするとどんな副作用が起こるのか、理解した上で治療を受けるか判断をしましょう。ボトックス注射をする際は、注射の針が細い血管に当たらないように注意して、ボトックスを注入しますが、稀に内出血が起こる事もあります。針が細い血管に当たって内出血が起こっても、1週間程度で治まりますので、安心して下さい。メイクで隠せる事ができますので、傷跡が目立つ心配もありません。施術後のケア次第では、早く治る事もありますので、万が一、内出血が起こったらすぐに医師に相談して下さい。ボトックスには、筋肉を麻痺させる事で筋肉の発達を抑えてくれる効果がありますが、大量に注入されると局所顔面神経麻痺になる事もあります。局所顔面神経麻痺になってしまうと表情筋を自由に動かす事ができなくなり、喜怒哀楽表現をするのも難しくなります。笑っていても顔が引きったり、歪んだりして、不自然な表情に見えてしまいます。表情筋が動かなくなると筋肉が鍛えられず、皮膚を支えられなくなるので、たるみの原因にもなります。他にも上まぶた下がってしまう眼瞼下垂や眉毛の両端が釣り上がるスポック・ブローになる場合もありますので、ボトックスを使用する量には気をつけないといけません。ボトックス注射をやり過ぎて、皮膚がたるんでしまって、元の顔に戻すには手術をする事になります。しかし、手術をしても完全に元の顔に戻る可能性は低いと考えた方が良いでしょう。ボトックスの量が多すぎなければ、期待通りの顔になれなくても半年程経てば効果は薄れていきますので、徐々に元の顔に戻っていきます。しかし、整形に失敗しないようにする為には、クリニックの情報を集めて、慎重に医師を選ばないといけません。ボトックスが安全な成分と言っても、医師の腕によっては仕上がりに差異があったり、副作用が出たりする事もあります。手軽に受ける事ができる治療ですが、副作用が出る事も稀にある事を知っておきましょう。

Copyright© 2019 切開しなくても大丈夫!ボトックス注射で簡単に整形 All Rights Reserved.